トピックス・お知らせ

トピックス

SCExAO チームのメンバーが「ロレアル - ユネスコ女性科学賞」を受賞

2021年10月22日 (ハワイ現地時間)
最終更新日:2021年11月3日

PSL 研究大学・パリ天文台の博士課程に在籍し、ハワイ観測所を拠点に活動しているヌール・スカフ (Nour Skaf) さんが、フランスの「ロレアル - ユネスコ女性科学賞」を受賞しました。

SCExAO チームのメンバーが「ロレアル - ユネスコ女性科学賞」を受賞 図

図1:「ロレアル - ユネスコ女性科学賞」の賞状を手にするヌール・スカフさん。授賞式は2021年10月7日、パリのアンリ・ポアンカレ研究所で行われました。(クレジット:Jean-Charles Caslot)

ユネスコが 2019年に発表した報告書によると、女性の科学研究者の割合は、全体では 29 パーセント、フランスでは 27 パーセントにとどまっています。日本は、女性の科学研究者の割合が 16 パーセントと最も低い国のひとつです。ロレアル - ユネスコ女性科学賞は、「世界は科学を必要とし、科学は女性を必要としている」という理念のもと、優れた研究を行う女性科学者を顕彰することで、学術の世界がジェンダーなどで偏りなく、多様性豊かな場となることを目指しています。フランスのロレアル - ユネスコ女性科学賞では、フランス科学アカデミーおよびフランスユネスコ国内委員会と共同で、毎年、フランス国内の博士課程や博士研究員レベルの女性科学者 35 名を顕彰し、各自が取り組む研究プロジェクトを支援しています。

ヌールさんは、フランスの小さな村で育ち、2019年からパリ天文台観測装置部門 (LESIA) の博士課程に在籍しています。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン (UCL) の客員博士課程学生でもあるヌールさんは、LESIA、UCL、そしてすばる望遠鏡の超高コントラスト補償光学システム (SCExAO、スケックスエーオー) チームと共同で研究を進めています。SCExAO チームでは、大気の乱れを補正するためのアルゴリズムを開発しました。「すばる望遠鏡の SCExAO チームで働いたことは、私の研究人生の中で貴重な経験で、深く感謝しています」とヌールさんは語っています。

SCExAO チームのメンバーが「ロレアル - ユネスコ女性科学賞」を受賞 図2

図2:ドームの観測階から、すばる望遠鏡を見上げるヌールさん。(クレジット:Andrew Richard Hara)

ヌールさんは、天文学や宇宙物理学の教育普及活動、特に子どもたち、その中でも女性たちを勇気づけ、科学に興味を持ってもらうための活動に熱心に取り組んでいます。「今回の受賞は、私の努力が認められたことになり、名誉なことです。さらに重要なことは、この賞は、科学の分野、特に女性が少数派である天文学の分野における、女性の立ち位置に対する偏見を打ち砕いていく機会だと考えています」とヌールさんは語ります。ヌールさんはこれからも、科学者になりたいと思っている多くの女性たちを励まし続けるでしょう。

■関連タグ