すばる望遠鏡について

観測装置

超広視野多天体分光装置 Prime Focus Spectrograph (PFS)

超広視野多天体分光装置 Prime Focus Spectrograph (PFS)

(Image Credit: PFS Project)

すばる望遠鏡では、多数の天体のスペクトルを一度に観測できる装置 PFS の開発を、2020年頃の稼働を目指して国際共同研究により進めています。主焦点面に設置する光ファイバーポジショナーにより、直径 1.3 度角の広い視野内にある最大 2400 天体について、可視光から近赤外線に渡る広い波長範囲を同時に分光観測できます。その特長を活かし、宇宙の加速膨張、ニュートリノ質量の階層性、我々の銀河の形成過程など、様々な宇宙の謎の解明を目指しています。