トピックス

すばる望遠鏡スタッフ、「科学における女性と女児の国際デー」を祝う

2020年2月12日 (ハワイ現地時間)

  国連が定めた「科学における女性と女児の国際デー (International Women and Girls in Science Day)」を記念して、天文学者・技術者・事務職員としてハワイ観測所で活躍する7名の女性スタッフが、2020年2月11日にハワイ島のワイアケア高校とカメハメハ高校を訪問しました。多様な文化的背景を持つそれぞれのスタッフは、STEM (科学・技術・工学・数学) 分野での経験などを高校生達と共有しました。高校生からもたくさんの質問が寄せられ、すばる望遠鏡での最先端の仕事について熱い議論が交わされました。

  さらにハワイ観測所のスタッフは、STEM 分野の仕事に従事している若い女性がしばしば少ないことがある現状を踏まえ、STEM 分野の仕事に情熱を注ぐことを高校生に奨励しました。今回の高校訪問をコーディネートしたすばる望遠鏡人事アシスタントの Carolyn Nakasone-Medeiros さんは、「観測所や科学分野での経験をハワイ島の若い世代と分かち合えることを嬉しく思います」と語っています。


図1

図1: カメハメハ高校訪問の様子。(クレジット:国立天文台)






画像等のご利用について

ドキュメント内遷移