最新情報

中間赤外線で見た土星リングの姿 〜明るく輝く「カッシーニのすき間」〜

中間赤外線で見た土星リングの姿
〜 明るく輝く「カッシーニのすき間」〜

2017年2月23日

国立天文台とカリフォルニア大学の研究チームは、すばる望遠鏡が撮影した土星の赤外線画像を使って、リングの明るさや温度を細かく測定することに成功しました。その結果、可視光では常に暗い「カッシーニのすき間」や「C リング」が中間赤外線で明るく見えていたこと、そして見え方には季節変化があることがわかりました。土星リングの性質を知る上で重要な知見です...

詳細をみる

遠方の星形成銀河でさぐる宇宙の泡構造

遠方の星形成銀河でさぐる宇宙の泡構造

2017年1月30日

広島大学の研究者を中心とする研究チームは、すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ HSC を使った観測により、遠方宇宙で重い星形成銀河の割合が増加して行く姿を捉えました。星形成銀河が宇宙の物質分布をなぞる様子が変化したことを、宇宙の物質分布と銀河の分布を直接比べて明かした初めての例であり、他の独立な研究で明かされている銀河進化の様子ともよく一致しています...

詳細をみる