SAFETY PROCEDURES AT THE SUMMIT (version 10/1/03 :Quoted from the Safety Manual)

1.         Regulations for Length of Stay and Acclimatization

A.   Before staying at the summit in 8 hours or less, at least 0.5 hour of acclimatization is necessary. Before

   staying at the summit in between 8 hours and 14 hours, at least 8 hour of acclimatization is necessary.

B.    Anyone may not stay at the summit more than 14 hours within any consecutive 24 hours.

2.         Regulations for Safety at the Summit

A.   A designated staff must always escort short-term visitors in the summit facility.

B.    Anyone who has experienced the summit work less than three days within a recent half year must be

   escorted by others who have experienced the summit work for three days or more to go beyond the

   outside elevator lobby.

C.    Computers and network equipment of Subaru Telescope must not be disconnected nor be turned off

   without permission.

D.   Anyone who gets into the dome must get a permission of the Safety Manager on summit work.

E.    Anyone in the dome must get out before the safety check and the precheck of the telescope.

F.     Before entering the upper/lower and around the dome, anyone shall wear a hard hat and, if required,

   body harness. White hats shall be designated to staff and employees of the contractors only. Visitors

   should wear yellow hats.

G.    Subaru staff shall prohibit a visitor from entering dangerous areas, especially on the roof.

H.   Always use elevators instead of using stairs or ladders when guiding visitors.

3.         Emergency Medical Oxygen Policy

A.   The Shift Leader has a final authority for the decision on emergency actions.

B.    Whenever emergency medical oxygen is administered to anyone at the summit, the person must in all

   cases be immediately transported to Hale Pohaku.

4.         Regulations for Safety in Extreme Weather Conditions on Mauna Kea

A.   The Shift Leader has a final authority for the decision of the evacuation. Anyone at the summit facility

   shall follow the decision.

B.    Anyone shall evacuate the summit when MKSS decides to close the summit road.

5.         Telescope Operation

A.   Only trained Subaru staff and Mitsubishi crew may operate TWS and telescope control panel.

B.    Dome azimuthal drive should be turned off before anyone goes into the dome.

C.    The operator can allow people to access to the dome with azimuthal drive on when the person is coping

   with the serious problems of the telescope or when the Shift Leader judges it unavoidable.

D.   By judging person by safety awareness or familiarity to the summit facility, the Shift Leader has a right

   to prohibit the person to walk in alone in the dome, even if the person has stayed over three days at the

 summit. If necessary, operators must escort them.


 

 

山頂での安全version 10/1/03 安全マニュアルから抜粋)

1.山頂滞在および高地順応の長さ

A.        山頂に8時間以下の滞在をする場合には、最低0.5時間の高地順応をする。山頂に8時間以上14時間以内の滞在をする場合には、最低8時間の高地順応をする。

B.        いかなる24時間以内においても、14時間以上山頂に滞在することはできない。

2.山頂の安全に関する規定

A.        あらかじめ指定されたスタッフは山頂にいる短期滞在者に常に行動をともにしなければならない。

B.        過去半年における山頂の作業の経験が3日未満の者は、エレベータロビーから先に行く場合には3日以上の経験者と共に行動すること。

C.        ハワイ観測所の計算機及びネットワーク機器を無断で電源断したり、接続をはずさないこと。

D.       ドームにいく場合には必ず安全管理担当分担者の許可を得ること。

E.        セーフティチェックおよびプリチェックの前には、全員がドームから待避すること。

F.         ドームおよびその周辺にいく場合にはヘルメットを着用すること。白いヘルメットはスタッフ用、黄色いヘルメットはビジター用である。

G.        ハワイ観測所のスタッフは、ビジターを危険な場所、特に屋上に連れてはならない。

H.        ビジターを案内する場合にはエレベータを利用すること。

 

3.緊急酸素吸入の規定

A.   山頂のシフトリーダーは緊急時の行動について、最終の決定権がある。

B.   緊急時に酸素吸入を与えた場合、酸素吸入された者をただちにハレポハクへ下ろさなければならない。

4.山頂悪天候時の安全に関する規定

A.        山頂のシフトリーダーは避難の最終決定権を持つ。山頂にいる人は全員その指示に従わなければならない。

B.        MKSSが山頂への道路を閉鎖する場合には全員が下山しなければならない。

5.望遠鏡操作

A.        訓練を受けたハワイ観測所と三菱のスタッフのみがTWSや望遠鏡の制御架の操作を行うことができる。

B.        人がドームに入る前に、ドーム回転のドライブをoffにすること。

C.        オペレータは、望遠鏡の深刻な問題の解決のためにドームにはいる場合、または山頂シフトリーダーが避けられないと判断した場合にはドームのドライブをonにしたままでもよい。

D.       山頂シフトリーダーは、最近3日間以上山頂で仕事をした人でも、その人の安全への注意度や慣れなどを考慮して、単独でドームで行動することを禁止することができる。必要に応じてオペレータが彼らと行動を共にしてドームへいかなければならない。