すばる望遠鏡の仕様

主反射鏡 (一枚鏡)

有効口径: 8.2 メートル
厚さ: 20 センチメートル
重さ: 22.8 トン
材質: ULE ガラス (超低熱膨張ガラス)
研磨精度: 平均誤差 0.012 マイクロメートル
焦点距離: 15 メートル

望遠鏡本体

形式: 経緯台式反射望遠鏡
基本光学系: リッチー・クレチアン方式
焦点: 4箇所
 主焦点 (F比 2.0 補正光学系含む)
 カセグレン焦点 (F比 12.2)
 ナスミス焦点 (可視光: F比 12.6)
 ナスミス焦点 (赤外線: F比 13.6)
高さ: 22.2 メートル
最大幅: 27.2 メートル
重さ: 全回転部分 555 トン
最大駆動速度: 0.5 度角/秒
天体の追尾誤差: 0.1 秒角以下
観測可能仰角範囲: 10 ~ 89.5 度
総合星像分解能: 0.2 秒角 (補償光学なし、2.15 マイクロメートル)

ドーム

標 高: 4,139 メートル
注)望遠鏡高度軸は標高 4,163 メートル
緯 度: 北緯 19 度 49 分 32 秒 (NAD83 系に準ずる)
経 度: 西経 155 度 28 分 34 秒 (NAD83 系に準ずる)

形式: 楕円柱型自動風制御方式
特徴: 円筒形,望遠鏡と同期回転
高さ: 43 メートル
回転レール直径: 40 メートル
重さ: 回転部分 (ドーム上部) 2000 トン
外壁: アルミニウム板張り

ギャラリー: すばる望遠鏡/ドーム





すばる望遠鏡4つの焦点

 すばる望遠鏡は、主焦点、カセグレン焦点、そして2つのナスミス焦点という、4つの焦点を持っています。主焦点は主鏡 (回転放物面) に垂直に入射した平行光線が像を結ぶところで、視野を広くとれるのが特徴です。カセグレン焦点は主焦点の直前に副鏡 (回転双曲面) を置いて、主鏡の中心部に開けた穴を通して像を結ばせるもので、比較的複雑な装置でも取り付けることができます。ナスミス焦点はカセグレン焦点の直前に斜鏡を置き、光軸を高度軸と一致させて像を結ばせるものです。望遠鏡の姿勢が変わっても装置の姿勢が変わらないので、重さやサイズの大きい装置も据え付けることができます。

ラベルなし高解像度版はこちら


各焦点に取り付ける観測装置

1) 主焦点の装置
視野の広い主焦点を利用する装置
最大視野直径: 30 分角

ファイバー多天体分光器 FMOS
主焦点カメラ (Suprime-Cam)



2) ナスミス焦点の装置 (可視光)
高分散の分光器など重量の重い装置

高分散分光器 (HDS)



3) ナスミス焦点の装置 (赤外線)

近赤外線分光撮像装置 (IRCS)
188 素子波面補正光学装置 (AO)



4) カセグレン焦点の装置
観測目的にあわせて独特の工夫がなされた数々の装置
最大視野直径: 6分角

多天体近赤外撮像分光装置 (MOIRCS)
微光天体分光撮像装置 (FOCAS)
冷却中間赤外線分光撮像装置 (COMICS)




利用を終了した観測装置


OH 夜光除去分光器 (OHS)
36 素子波面補正光学装置 (AO)
コロナグラフ撮像装置 (CIAO)



画像等のご利用について

ドキュメント内遷移