よくある質問

 

Q 1 : すばる望遠鏡は、なぜ「すばる」なのですか?

A 1 :
国立天文台が建設準備を進めていた当初のプロジェクト名は、「大型光学赤外線望遠鏡 (Japan National Large Telescope; JNLT)」でした。建設が始まった1991年、望遠鏡の愛称の公募を行いました。約3,500通の応募の中から選ばれた名前が「すばる」です。「すばる」はプレアデス星団の日本名です。清少納言の随筆『枕草子』には「星はすばる。ひこぼし。ゆふづつ。…」と記されています。

 

Q 2 : すばる望遠鏡は、何が世界一なのですか?

A 2 :
天体望遠鏡の役割は、鏡により天体からくる微かな光を集め、観測装置へ導くことです。すばる望遠鏡の鏡は、直径が 8.3m (実際に使われる部分は直径 8.2m) の特殊な超低熱膨張ガラス (ULEガラス) でできています。このガラスをアルミニウムでコーティングしたすばる望遠鏡の主鏡は、一枚の鏡として世界最大級の大きさです。この鏡表面の平均誤差は、12nm (注*) です。仮に主鏡を関東平野の大きさに拡大したとしても、表面のでこぼこは、わずか新聞紙一枚分の厚さに相当する程度です。
*:nm(ナノメートル)=10億分の1m

 

Q 3 : すばる望遠鏡をなぜハワイのマウナケア山頂に造ったのですか?

A 3 :
天体観測を行う場所として必要な条件は、「天気がよいこと、大気が安定していて星像がゆらがない (またたかない) こと、湿度が低いこと、夜空が暗いこと」などが上げられます。マウナケア山頂は、これらの条件がすべてそろった理想的な天体観測の場所です。また日本からハワイへのアクセスが容易であることも、選ばれた理由の一つといえます。

 

Q 4 : すばる望遠鏡の写真を個人のウェブサイトに掲載したいのですが?

A 4 :
国立天文台ハワイ観測所のウェブサイトにある画像等は、個人での非営利目的では自由にご利用いただけます。個人のウェブサイトでのご利用もこれに含まれます。ただし、公序良俗に反する目的でのご利用や、国立天文台および関連する事業や特定の団体・個人に対して誤解を与えたりイメージや信用度を著しく低下させるようなご利用はおやめください。「画像等のご利用について」もご覧ください。

 

Q 5 : 個人のウェブサイトからリンクを張りたいのですが?

A 5 :
リンクはご自由にお張りください。詳しくは「ウェブサイトのご利用について」をご覧ください。

 

Q 6 : すばる望遠鏡を見学したいのですが?

A 6 :
ハワイ観測所では、すばる望遠鏡のドーム内を一般の方々にご見学いただき、研究施設の現場の雰囲気を直に感じていただくため、2004年10月1日より見学者を受入れています。詳しくは「すばる望遠鏡ドーム内の見学について」をご覧ください。

 

Q 7 : 学校行事としてすばる望遠鏡の訪問を考えているのですが?

A 7 :
学校行事としてすばる望遠鏡の訪問をお考えの先生方へ」をご覧ください。

 

Q 8 : 山麓施設とは何ですか?

A 8 :
ハワイ島ヒロにある国立天文台ハワイ観測所の本部です。マウナケア山の山麓にあることから、このように呼ばれています。事務室や研究室、観測装置を調整する実験室などがあります。ヒロオフィスとも呼ばれています。すばる望遠鏡へは、山麓施設から車で約2時間かかります。

 

山麓施設

 

 

 

Q 9 : 観測成果の「最も遠くにある惑星」や「最も遠い銀河」は、間違っていると思います。

A 9 :
「国立天文台ハワイ観測所のウェブサイト」の免責事項に記載しておりますとおり、掲載されている情報はすべて発表当時のものです。最新の結果とは異なる場合があります。

 

Q 10 : すばる望遠鏡は、どこから操作しているのですか?

A 10 :
すばる望遠鏡は、ドームの横にある観測制御棟から制御しています。人間がドームの中に入ると、人の体温によりドーム内の気流が乱れてしまい、観測に悪影響をおよぼします。そのため、観測中に人はドームの中に入ることはできません。

 

ドームと観測制御棟 (右の白い四角い建物)

 

 

 

Q 11 : すばる望遠鏡は、日本から操作できるのですか?

A 11 :
すでに山麓施設からすばる望遠鏡を使った観測を行うことは可能です。日本からはテレビ会議システムを通じて観測の様子を眺め、必要に応じて指示を出すことなども可能です。

 

Q 12 : 宇宙や天文学に関する質問があるのですが?

A 12 :
国立天文台三鷹キャンパスの「天文・宇宙や国立天文台に関する質問」をご利用ください。

 

Q 13 : すばる望遠鏡を取材したいのですが?

A 13 :
すばる望遠鏡の取材申請は、「取材の申請について」からお願いします。

 

 

画像等のご利用について

ドキュメント内遷移