お知らせ

「Hyper Suprime Camera で目指すサイエンス・大規模サーベイ検討会」

2008年12月19日

Hyper Suprime-Cam (HSC) は現在のすばる主焦点カメラSuprime-Camの波長域、撮像能力等基本的性能を維持(部分的には向上)しつつ、視野を10倍程度拡大し た次期すばる主焦点カメラで、2011年(わずか3年後)の立 ち上げを目指し制作 が進められています。これにあわせ国内では数年前から HSCを 使ったサイエンス 検討研究会が既に数回開催されており、数多くの参加者によ り様々 な観測計画が提案されてきました。これらの議論から、多くの国内研究者がHSC立ち上げに合わせ戦略的大規模サーベイを行いHSCの能力を生かした ユニー クなサイエンスを展開すべしと考えていることが分かります。

一方Princeton大学と国立天文台は、HSCをすばるに搭載するために、同大学がすばるの改修費用の一部を負担することとし、将来日本とプリンストン等の研究者が合同でHSC等を利用して、最低100夜の共同観測を行うという協定を結びました。HSC大規模サーベイはその共同観測プロジェクト候補の一つです。また台湾もHSC開発に参加しており、HSCを用いた大規模サーベイに興味を持っています。このような状況から、HSC戦略的サーベイを、日本が中心になり、プリンストン大学、台湾との国際共同研究体制で推進することが検討されています。

こういった状況を見据え、

  • 日本、プリンストン、台湾の研究者が一同に会し、各々のアイデアを出し合い互いに理解を深めながら、より魅力的なサーベイ戦略を議論する
  • HSC大規模サーベイの、サイエンス、サーベイデザイン、データ解析等について検討をすすめる共同検討チームを発足させる。
の2点を目的に国際会議を開催することにしました。開催日時は以下の通りです。すばるusers' meetingの直後 で、週末、次週あたまにかけての3日間という変則開催になりますので、興味ある方は出 張日程を確保して頂くよう にお願いします。

日時: 2009年1月17日(土)、19日(月)、20 日(火)
場所:国立天文台三鷹キャンパス
*注:会議は全て英語で行われます

講演者(敬称略):

M. Chiba (Tohoku U.)
H. Furusawa (NAOJ)
T. Goto (Hawaii)
J. Gunn (Princeton)
T. Hamana (NAOJ)
I. Iwata (NAOJ)
G. Knapp (Princeton)
Y. Komiyama (NAOJ)
M. Kriek (Princeton)*
Y.-T. Lin (IPMU)
R. Lupton (Princeton)
S. Miyazaki (NAOJ)
T. Morokuma (NAOJ)
T. Nagao (Ehime U.)
M. Oguri (KIPAC)
M. Ouchi (Carnegie)
K. Ohta (Kyoto U.)
M. Strauss (Princeton)
Y. Suto (U. Tokyo)
M. Takada (IPMU)
E. Turner (Princeton)
K. Umetsu (ASIAA)
S.-Y. Wu (ASIAA)
F. Yoshida (NAOJ)


Jan 17: day 1

9:00-10:30 (Chair: Takada)
- 9:00 - 9:15 The goal of meeting (Strauss)
- 9:15 - 9:30 Reports from activities so far ongoing in Japan (Hamana) HSC status report
- 9:30 - 9:55 Miyazaki
- 9:55 - 10:20 Komiyama/Shiang-Yu
- 10:20 - 10:40 Discussion


10:40-10:55 break


10:55 - 12:25 (Chair: Aihara)
- 10:55 - 11:20 Weak lensing (Takada)
- 11:20 - 11:40 Challenge in data analysis (pipeline/software development) (Furusawa)
- 11:40 - 12:00 Software and algorithm development (Lupton?)
- 12:00 - 12:25 Discussion (led by Takada & Lupton)


13:30 - 15:30
- Galaxies I (Chair: Yamada)
- 13:30 - 13:55 Galaxy evolution, survey design, galaxy photometry (Gunn?)
- 13:55 - 14:20 High-z galaxies (Ouchi)
- 14:20 - 14:45 Galaxy evolution, especially at the highest redshifts (Kriek?)
- 14:45 - 15:05 Lyman continuum or emitters (Iwata)
- 15:05 - 15:30 Discussion (led by Yamada & Gunn?)


15:45 - 18:00
- Cluster/Strong Lensing (Chair: Suto)
- 15:45 - 16:10 Cluster (Oguri)
- 16:10 - 16:35 Cluster (Lin)
- AGN and QSOs
- 16:35 - 17:10 AGN studies, galaxy evolution, survey design (Strauss/Greene?)
- 17:10 - 17:45 AGN and QSOs (Nagao/Goto)
- 17:45 - 18:10 Discussion (led by Strauss and Imanishi)

Jan 18 : excursion; places of interest near to Tokyo (TBA)


Jan 19: Day 2

9:00 - 10:30
- Nearby Galaxies and our Galaxy (Arimoto?)
- 9:00 - 9:25 Local Groups/Milky Way (Chiba)
- 9:25 - 9:50 Stellar and Galactic astrophysics (Knapp?)
- 9:50 - 10:15 Discussion led (led by Chiba)


10:15 - 10:30 break
- Variable objects (Shimasaku?)
- 10:30 - 11:00 SN (Yasuda/Morokuma)
- 11:00 - 11:25 Hunting for GRB Orphan afterglows (Huang)
- 11:25 - 11:50 solar system (Yoshida)
- 11:50 - 12:15 Discussion (led by ??)


12:15-13:45 lunch break
- Synergy with other surveys (ACT, WFMOS, ALMA, etc.) (Hamana)
- 13:45 - 14:10 Synergy with ACT (Yen-Ting Lin)
- 14:10 - 14:40 WL+SZ+X-ray (Umetsu/Wu from Taiwan)
- 14:40 - 15:05 FMOS (Ohta)
- 15:05 - 15:30 Discussion


15:35 - 16:00 break


16:00 - 17:30 Chair Strauss
- 16:00 - 16:20: Strategy of Japan-Princeton collaboration (Turner)
- 16:20 - 16:45 Decision-making processes in determining survey parameters (Suto)
- 16:45 - 17:30 Discussion


19:00 - banquet (TBA)

Jan 20: Day 3

@ the biggest room available
- 9:00 - 9:30 Define working groups and the goal of working activities (Takada & Strauss)
- Discussion session in each working group
- Weak lensing
- Galaxies...
- 15:00 - All the participants resume again to report the discussion each group had


画像等のご利用について

 

ドキュメント内遷移